【最新】Facebookのフォロー機能をオンにする方法

kiwamiです!

今回は「Facebookのフォロー機能をオンにする方法」をご紹介します。

以前の方法では出来なくなっているので、今回は2017年最新の方法を記載します。

以下をご参照下さいませ!

スポンサーリンク

Facebookにはフォロー機能がある

Facebookには「フォロー」という機能があります。

「友達」という機能もあるので違いが分かりにくいですが、基本的には「フォロー=片思い」「友達=両思い」と思っていればOKです。フォローは相手の投稿を一方的に通知される感じですね。

もっと詳しい違いについては以下の記事をご参照下さい。

【参考】Facebookの「フォロー」と「友達」の違いは何?

Facebookのフォロー機能は自分でオンにしないと使えない(自分をフォローしてもらえない)

Facebookのフォロー機能は、ある人とない人がいます。

相手のプロフィールページを見ても、「フォローする」が表示される人と表示されない人がいるのです。

この違いは、「自分をフォロー可能な様に、自分が設定しているかどうか」です。

以下でその設定の方法をご紹介します。

Facebookのフォロー機能をオンにする方法

以下の方法で、Facebookで自分のフォロー機能を設定出来ます(最初はオフになっています)。

※以下ではAndroidのFacebookアプリを使っていますが、iOS版でも同じ操作が可能です。PC版でも、ほとんど同じです(最初に右上の▼から「設定」を選択して、以下と同じ様に進む)。

Facebookアプリを起動して、「三」のタブにある「アカウント設定」をタップします。

「公開投稿」をタップします。

「フォローを許可する人」の項目があります。

最初はこれが「友達」になっているので、「公開」に変更します。

「フォローを許可する人」が「公開」になりました。

これで、自分の事をフォローして貰える様になりました。

ちなみに、最初の段階で「友達」にチェックが入っていたのは、元々「友達」になるということは「相互にフォロー状態になる」事を意味しているからです。友達は「フォロー」をしなくても、相互にフォローをし合っているということになります。

通常は上の状態なプロフィールページが・・・

「フォローを許可する人」を「公開」にした事で、上の状態になりました。

「フォローする」のボタンが増えているのが分かります。「友達になる」のボタンも、消えたわけではなく、一緒に表示されています。

まとめ・有名人(人気者)しかフォローを公開する必要はない?

上の設定でフォローを公開する事が出来ますが、普通の人であればこの設定をする意味はないかも知れません。基本的には「友達」になることになると思うので。

「あなたが誰か分からないけど、私の投稿をチェックしたかったらフォローをどうぞ!」というのは、結構な有名人か人気者にしか必要ないのかも。

まあ「人気者」と言っても、色々なレベルがありますからね。必要がある人は設定しておくと良さそうです(これから人気者になるつもりの人も)。

スポンサーリンク